銀河高原ビールのブランドキービジュアル

GINGA KOGEN BEER
Branding / Package Design
Logo Design / Web Design

銀河高原ビールは、1996年に生まれた日本を代表するクラフトビールです。初めて飲んだクラフトビールが銀河高原ビールという人も多く、私自身もその一人でした。20年以上も愛され続けてきたブランドの大幅なリニューアルはリスクも伴います。しかし「このビールの素晴らしさを伝え、さらに広めていきたい。」そう願う銀河高原ビール社にはリブランディングへの情熱と明確なコンセプトがありました。私たちは、見慣れた旧ブランドから新ブランドのデザインへの移行が、ロイヤルユーザーにとって自然な変化の流れに感じられ、さらに多くのターゲット層に寄り添える同時代性を備えたリブランディングを目指しました。その象徴となるブランドロゴは、旧パッケージデザインのブランド資産である宮沢賢治の物語のようなエッセンスを継承しながらも、自然の神秘さに触れた時のリアルな感覚をユーザーと共有できるブランドへと発展させていくこと。例えば、「ふと見上げた星空のように、素晴らしい世界がすぐそこにある。自然と対話することで、心まで満たされていく。」そんなユーザーエクスペリエンスを提供するブランドパーソナリティーを目指しています。それは、銀河高原ビールが日本において本場ドイツのヘーフェヴァイツェン製法に夢を抱いて挑戦し、誰もが手に取ることができるクラフトビールを提供してきたこと。自然の恵を余すことなく味わう無濾過のビールづくりにこだわり続けてきたことに由来しています。また、このブランドロゴは、パッケージデザインやポスターではビジュアルとしても機能し、あらゆるブランド環境において安定したブランドパーソナリティーを発揮するデザインを実現しています。