hoyu Proenergy
Re Branding, Package Design, Logo Design, Brand Site
リブランディング、パッケージデザイン、ロゴデザイン、ブランドサイト

育毛剤のブランドとして多くの男性に支持されてきた、Proenergyのリ・ブランディングとパッケージデザインをSAGA INC.にて担当させていただきました。このプロジェクトでは、身だしなみにさらに磨きをかける男性が増える傾向にある中、機能性をウリにする既存ブランドから進化させ“オトコのためのトータルヘアケアブランド”として生まれ変わるためのブランディングが求められました。遊び心を忘れず、社交的でみんなに愛される男性像。そして少し薄毛が気になるけど決してネガティブにならない朗らかな人、そんなペルソナを設定しターゲットインサイトを見つめながらブランドのあるべき姿を目指してデザインしました。きっと購入後は、毎日のように裸でつき合うブランドなので、かしこまりすぎたり、説教されるようなブランドではなく、どちらかといえば、友達のような、相棒のような存在がいいのではないかと考えました。そのため、オトコの快活さとか洒脱感のような情緒を与えるため、大雑把な5角形の中にProenergyのイニシャルを大きく扱ったPのブランドロゴをデザインしました。自分の周りを見渡すと50~60代の男性はなんだか野球好きが多い世代かと。そのためこの五角形はホームベースを崩したようなデザインにしています。そして、さらにこのブランドに必要な情緒は、きちんとするときもあるけど決してかしこまりすぎない事。休みの日にはいつもゴルフウエアではなくデニムなんかもちゃんと履きこなす。白髪が生えてからスポーツタイプの車が似合うそんな男性像に寄り添うブランドイメージです。なので、やんちゃさのある素敵な紳士のように見えるデザインが正解と考え、少し動きがあったりシンメトリーすぎないグラフィックデザインで展開しました。もう一つグラフィックデザインで大切にしたのはネクタイのイメージ。ノーネクタイが主流の現代ではありますが、いざという時はシャキーン!とネクタイが似合うオトコでありたいハズ。そんな気分にもフイットしたイメージを与えたかったので定番中のド定番レジメンタルストライプの柄をグラフィックデザインとして取り入れ、商品ラインナップごとに変化を与えました。ネクタイを揃えるように、ヘアケアのラインナップも揃えていただきたい。そんな遊び心を演出しています。またブランドカラーはメージャー感のある赤と紺。そして、毎日コツコツ続けるものなので、その効果への確信を表すため、一番上には王冠をあしらっています。商品の大きなテーマが薄毛だけに、店頭で手に取る事やバスルームにある事が少し恥ずかしいデザインにならないよう。むしろ「オレは、毎日使ってるよ。プロエナ。」と堂々とオトコらしくいられるブランディングにまとめました。しかし、最後に気づきました。オトコだってすこーしだけ優しくしてほしい。そんな声が聞こえてきたので、地色では優し〜いベージュを用いました。プレイボール! オトコ! プロエナジー! 薄毛になる前にぜひ! プロエナジーはネットでも購入できます。 父の日のプレゼントにも最適です。 早く始めたほうがいいので、父の日以外でもプレゼントしたらきっと喜ばれます。